エコラ倶楽部とは

エコラ倶楽部からのメッセージと写真

内閣府認証 特定非営利活動法人 エコラ倶楽部とは?

国内の森林保全及び育成を目的とする活動団体です。

一般市民を対象として、特に自然と人間との共存を意識する人々や子どもたちに対し、森林や山を健全に守り育てる環境保全事業、地域循環型社会のモデル構築及びまちづくり事業等を行い、山村地域の活性化を図ることで、森林や山の保全に係る仕事を確保し、自然環境を健全に守り育てます。

すべての人々が、生命維持のために必要な浄化されたきれいな空気や水のある豊かな自然と人間の営みが調和し、健やかに暮らせる社会の実現に寄与することを目的としています。(定款より)

私たちができること

森林や山を健全に守り育てる

森林保全を目的とする団体とのネットワークづくり
多くの団体と協力し、ひとつの大きな力になることを目指します。
公的組織との協力及び連携
多くの団体と協力少しでも多くの森林に管理の手が行き届くよう自治体の森林担当部署へ働きかけます。
一般市民参加による森づくり
協力企業や自治体と連携し、より多くの市民が森づくりに参加できるよう記念樹事業や参加型保全活動を企画します。

地域循環型社会の確立
地域産業や地域商店と協力して、一般市民が地域で買い物をすることにより売上げの一部が森林や山へ還元されるシステムを構築し、森林や山の保全に係わる仕事を確保します。

森林保全活動を知ってもらう
ホームページ等を活用した情報発信。国内の森林の状況や活動報告、山で働く人についてなど、ホームページ等の情報を充実させ、より多くの人に森林や山に関する情報を提供します。

森林保全活動を広める

森林教室、自然観察会などイベントの企画
普段自然と接することの少ない都市に住む方々や、多くの子供たちを対象としたワークショップや植林活動、森林の手入れなどの作業を体験し、山に係わる仕事を知る機会を提供します。


私たちにできることから始めています。

鳴子「エコラの森」をはじめ、原村「エコラの森」、丹波「エコラの森」とエコラの森は3ヶ所になりました。各支部がそれぞれの場所で、様々なイベントを企画し、地域の人たちと手をとりあい活動しています。宮城県にある鳴子「エコラの森」は、開発や乱伐など人の手によって傷つけられてしまった悲しい過去があります。たとえ時間がかかっても私たちの手で再生し、もう一度人の手で、今度は豊かな森を未来に受け継いでいけるよう活動を続けていきたいと思っています。

エコラの森イメージ写真